スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味の三太/札幌 北16条 【閉店】

正油ラーメン\700 ★★★★ 

 味の三太/札幌

バホ丼さんから,味の三太が営業を再開したとの情報をいただいた.
去年の6月ころから,何度行っても営業していなかった未食店だ.
さっそく行ってみた.

店主のおばあちゃんは,どうやら体調不良で入院していたようだ.
4月16日から営業を再開したとのこと.

午後1時過ぎだというのに,店内は,ほぼ満席の状態だ.
長らく営業再開を待ち望んだ常連さん達だろう.

それにしても,お婆ちゃんは苦しそうだ.
めまいがすると言っては,ふらふらしてかろうじてラーメンを作っている状態だ.
やはりまだ体調がすぐれないのだろう.
お気の毒だ.

スープは,豚骨,野菜のコクと旨みがよく出ている.
甘めの醤油スープは,実にレトロで昔懐かしい.

麺の量が多い.
優に2玉分はある.
おばあちゃんは大盛りと間違えているのだろうか.
西山の中太の袋麺は,上手に茹でてある.

もやしの火当てはほんの少しだ.
それでもにんにくが効いていて旨い.
叉焼が少し貧弱なのは残念だ.

レトロな昔懐かしい旨いラーメンだ.
創業の経緯にはよく分からないところがあるが,お婆ちゃんの話では,そのルーツは帯広にありそうだ.
いつまでも頑張ってラーメンを作っていただきたいものだ.
(2008/4)

続きを読む»

スポンサーサイト

きゅうてん/札幌

しょう油らーめん\600 ★★★★++ 

きゅうてん/札幌

夕方の散歩.
ラーメン屋らしからぬ店舗が気になって,ふらりと入店.
先客なし.
厨房では,ご主人が準備に余念がない.
メニュートップのしょう油を注文する.

外観は,旭川の醤油ラーメンを思わせる.
一口,強い魚介の味だ.
昆布,節,煮干など・・・.
それに,鶏がら,豚骨,野菜などの素材が複雑に絡み合ってきれいな味を作っている.
しかも,実に自然な旨みだ.
嫌味がまったくない.
旨い.

小林の中太麺は堅茹で.
シコシコしている.
スープともよく合っている.
麺に対するこだわりも感じられる.

叉焼もスープに合った味付け.
これも自然でいい.

気負いのないハイレベルなラーメンだ.
地味だが,魂がこもっている.
こういうラーメンがいいラーメンというものだろう.
値段も極めて良心的だ.
(2008/4)

続きを読む»

北海地鶏庵/札幌

親子丼\850(ランチ) ★★★★ 

北海地鶏庵/札幌

北海地鶏庵/札幌

今日はラーメン定休日.
北海地鶏を使った絶品の親子丼が食べられると聞いてやってきた.
親子丼といえば,少年のころ,母が作ってくれた食.
僕の食の記憶に鮮明に残る味だ.

洒落た店内を観察する.
本来は,北海地鶏を使った上品な肴をメインとするワインバーのようだ.
昼は,ランチサービスの親子丼のみ.

美しい親子丼だ.
大衆食堂の親子丼とはえらく違う.
味噌汁とサラダがついている.

北海地鶏の玉子は,わずかに熱を加えただけのとろとろ状態.
ほとんど玉子かけご飯に近い状態になっている.
熱を加えるのを極力控えて地殿の玉子の良さを引き出そうとする作戦だ.
確かに旨いのだが,ここまで生に近いとその是非は評価が分かれるところだろう.

だし汁は薄味.
甘味控えめな上品な味付けだ.

具の地鶏もも肉は,意外なほど柔らかい.
地鶏特有の堅くて味のある肉を期待していたのだが,旨みは今ひとつだ.
肉も細かくカットされていて,食べ応えに欠けている.
北海地鶏をふんだんに食べているという満足感が沸かないところが残念だ.

なお,ご飯は五穀米だそうだ.

良質な素材にこだわったハイレベルな親子丼であることには間違いない.
問題は,パーツが良質で玉子が半熟でありさえすれば,旨い親子丼となるかどうかという点だ.
北海地鶏といえば,道内の養鶏の未来がかかっている.
その味を最大限に引き出すための工夫を含め,この親子丼の作り方には大いに検討の余地がありそうだ.
(2008/4)

続きを読む»

福留/札幌

正油ラーメン\600 ★★★+ 

福留/札幌

ほのかに昭和の香りがする店内だ.
近所のサラリーマンやタクシーの運転手が昼飯を食べている.
街の大衆中華食堂の昼時の風景だ.

実にあっさりとした醤油味のスープだ.
油も化調も控えめ.
その分,コクや旨みに欠けるが,自然な味で飲みやすい.
醤油の香りも立っている.

麺は西山の一般的な中太麺.
炒めもやしや叉焼も普通だ.

札幌の昭和の大衆中華食堂の普通のラーメンだ.
普通に食べて普通に旨い.
近かったら毎日行って食べる.
そんなラーメンだ.
(2008/4)

続きを読む»

武蔵 ラーメン横丁店/札幌

こい口醤油ラーメン\790 ★★★★++ 

武蔵/札幌

ラーメン横丁店は,夜だけの営業だ.
ここに立ち寄るのは,すすきので飲んだ後ということになる.

暖簾は黒.
和島大輔と書いてある.
次男さんの登場だ.

苦み走ったコクと旨みのある旨いスープだ.
たまり醤油を使ったにんにくの効いた甘味のあるタレが決め手のようだ.
この濃厚さや甘味は,すみれの醤油ラーメンに似ている.

西山の太縮麺もいい.
堅めでコシがあって力強い.
スープとの絡みも抜群だ.

具も丁寧に作られていて旨い.

スープ,麺ともに,伝統的な札幌ラーメンの1つの流れの中にあるラーメンであることは間違いない.
値段はやや高めだが,一食の価値がある旨いラーメンだ.
(2008/4)

続きを読む»

満龍/札幌

みそラーメン\700(ラーメン横丁店) ★ 

満龍/札幌

何ともコメントのしようすのないラーメンだ.

西山の玉子麺はいいのだが,スープがひどい.
旨みもコクもない味噌汁に,大量の化調をぶち込んだような味だ.
後味が極めて悪い.

具もこれといって評価すべきものはない.

たまたまブレたのかどうかは分からないが,このラーメンを食べた観光客の嘆きの声が聞こえそうだ.
(2008/4)

続きを読む»

鴇の家/札幌

翔悠(しょうゆ)らーめん\720 ★★★★

鴇の家/札幌

鶏がらベースの濃いめの味付けだ.
化調たっぷりだが,なかなかいける.

さがみ屋の中太縮麺は,麺硬でなかなかいい.
バラロールの叉焼も薄味で旨い.

よくまとまった旨いラーメンだ.
(2009/3)

続きを読む»

鶏花/札幌

かけ塩らーめん\450 ★★★★++ 

鶏花/札幌

お昼,待ちが出ている.

鶏の味がしっかりと効いたきれいなスープだ.
コクも旨みも抜群.
塩もいい.
実に旨い.

麺はマルカツ製麺の細直麺.
少し柔らかいがスープとの相性はいい.
つるつるしていて麺自体も旨い.

ネギのほか,麩と海苔がトッピングされているが,むしろ邪魔だ.
これだけ旨いスープと麺なら,かけラーメンらしくネギだけで十分だ.

手間のかかったハイレベルな鶏ラーメンだと思う.
値段も良心的だ.
(2008/4)

続きを読む»

響/函館

響流味噌\800 ★★★★ 

響/函館

今,函館で最も熱い視線を浴びている新店だ.
僕の大好きなサントリー響を連想させるが,もとより関係ない.
午後2時すぎ,立ち寄ってみる.
満席だ.しかも,次から次へと客が来る.
人気のほどが窺われる.

スープは,伝統的な函館ラーメンとは縁もゆかりもない濃厚味噌味.
コクと旨みは十分だ.
昆布の味もよく出ている.
濃厚さは,札幌の村中系を彷彿させるが全く違う.
とにかく甘いのだ.
ウリの炙り叉焼の煮汁の甘みが更に甘みを増している.

麺も違う.
どちらかというと中細縮麺.
玉子麺のようだが,ノンフライ麺を連想させる味.
コシはあるが,スープの濃厚さに負けてしまっている.

響流の目玉は,何と言っても叉焼だ.
分厚い.
ばら肉を柔らかく煮込んで甘い味付けがしてある.
しかも,炙ってあるようだ.
それ自体非常に旨い叉焼だが,ラーメンの具として見た場合はどうだろう.

時流に乗った濃厚系ラーメンだ.
あっさりとした塩ラーメンが主流の函館でどれだけ受け入れられるのだろうか.
注目したい.
(2008/4)

続きを読む»

ふじとり/室蘭

かけラーメン(塩)\480 ★★★★+ 

ふじとり/室蘭

昭和レトロなラーメン屋があるに違いない.
お昼に食べたむろ市のラーメンに感動して,夕方,再び輪西へ.

シャッターの降りた商店が続く人影まばらな昭和レトロな商店街を徘徊する.
やはりあった.
子供のころよく見かけた古びた建物だ.
建物の真ん中に駅のホームにある駅名表示板が置かれている.
駅名は,栄養本線スタミナ駅「ふじとり」だ.
駅員さんがラーメンを持って旗を振っている.
右側の駅がやきとり駅,左側の駅がラーメン駅だ.
どうやら,焼き鳥とラーメンの店のようだ.

それにしても謎めいた怪しげな店だ.
ラーメン駅には暖簾がかかっているが,引き戸は堅く閉ざされている.
いったん入ろうものなら,神隠しにあって二度と出てこれないのではないか・・・.
そんな不安が頭をよぎる.
だが,ラーメン食いたさにおそるおそるラーメン駅の扉を開けて中に・・・.

その時だ,不安が的中した.
一陣の風が吹いてタイムトラベルが起こったのだ.
時代は,一気に昭和30年代へ・・・.

コンクリートのたたき,古びた板壁と木製の高窓,薄暗い店内,煙突のついた石油ストーブ.壊れかけた縁がアルミのコの字型をしたデコラのカウンターや丸椅,剥げ落ちた鏡・・・.
壁の隅に置かれた白黒のテレビでは,ドンガバチョとトラヒゲが霞のかかったような声で話しているではないか.
カウンターの端で作業着を着た中年の客が,一人黙々とラーメンをすすっている.

おお,これは・・・.
思わず息を呑む風景だ.
幼少のころに見たあの大衆食堂の風景だ.
父や母に連れて行ってもらった.
店の母さんが運んできてくれたラーメンは,何の飾り気もなかった.
だが,鶏がらのスープは,何ともいえない旨みがあった.
わずかに昆布の味もした.
もちもちとした麺をつるつるとすすった.
旨かった.
夢中で食べた.
あれからどれだけの年月が経ったのだろうか・・・.

スープに残った鶏がらの臭みが気になって,我に返った.
見ると,古びたデコラのカウンターの上の丼がいつしか空になっている.
白昼夢だった.
いい夢を見たと思った.

鶏がらの臭みさえなければ,完璧な塩ラーメンだと思う.
(2008/4)

続きを読む»

味のむろ市/室蘭

チャーシューメン(塩)\800 ★★★★★ 

味のむろ市/室蘭

室蘭出張.
ラー翁さんから情報をいただいたことを思い出し,この店へ.
輪西の昭和レトロな商店街は,閑散としている.
往時の栄華が偲ばれる.

午後2時近く暖簾をくぐる.
店内には誰もいない.
店主は女将さんと聞いていたが,誰もいない.
何度も「ごめんください」と叫んだが誰も出てこないのだ.
テレビはつけられたまま,厨房のラーメンスープの入った寸胴がかけられたコンロにはとろ火がついている.
カウンター席に座り込んでしばらく待つことに・・・.

店内はきれいに掃除されている.
壁には,著名人の色紙や駒大苫小牧高校野球部員らの写真などが貼ってある.
しばらくして,女将さんが段ボール箱を抱えて帰ってきた.
買い物に行かれていたようだ.
評判のチャーシューメンを注文する.

一口,実に旨いラーメンだ.
化調も使われているのだろうが,魚介,特に昆布の旨みがよく出ている.
ベースは豚骨のようだ.
脂は決して少なくないがクリアな味.

室蘭製麺の中太麺は,こしがあってもちもち感がある.
スープと合っていて旨い.

叉焼は,評判どおり絶品だ.
素材の味が生かされている.
5枚は入っている.

室蘭で食べたラーメンの中では,清洋軒と肩を並べる旨いラーメンだ.
味の傾向も似ている.
昔食べた懐かしい優しい味のラーメンだ.
豚骨・鶏がら・野菜をベースに昆布などの魚介を効かせた清湯スープに中太縮麺のラーメン.
これが室蘭ラーメンの概念なのだろうか.
このラーメンを食べてみて,東京/町田の超人気行列店「雷文」のラーメンの味を思い出した.
そういえば,雷文の女将さんも室蘭出身だった.
(2008/4)

続きを読む»

月と星と妖精ダスト
食歩記/about

じょばんに

Author:じょばんに
シンプルライフをめざして
- for simple life -
ラーメン,カレーライス,かつ丼など,思い出深い昔懐かしい大衆食をさがして食べ歩きます.

食歩記/最新情報
食歩記/地域別
食歩記/シリーズ

名古屋/名古屋めし 名古屋/ノスタルジック系ラーメン 札幌/ノスタルジック系ラーメン 札幌/狸小路編 札幌/村中系ラーメン 札幌/二郎インスパイア系ラーメン 

全記事表示

全ての記事を表示する

食歩記/ブログ内検索
食歩記/最近のコメント
食歩記/最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。