スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味の鳥若/札幌

正油ラーメン\650 ★★★++

味の鳥若/札幌

塩が旨かっただけに正油も期待できる.

鶏がら,野菜ベースの醤油スープだ.
やや醤油の味が強いのと角が立っているのが残念だ.
もう少し鶏の旨味が感じられる優しい醤油味のほうがいい.

森住の中細麺は,つるつるして食感がいい.
これも旨いが,今日の茹では柔らか過ぎる.

具は昔ながらのシンプルさがいい.
黒縁叉焼は,昭和の味だ.

塩ラーメンほどのインパクトはない.
これはこれで旨いが,更なる工夫の余地がありそうだ.
(2009/1)

続きを読む»

スポンサーサイト

寅乃虎/札幌

しおらーめん\700 ★★★★+

寅乃虎/札幌

スパイシーなコクのある塩味だ.
ベースの豚骨の旨味もよく出ている.
ゴマがいいアクセントになっていて旨い.

麺は定番の森住の麺.

火当てしたもやしとにんじんは札幌らしい.
ホロホロ系の炙り叉焼が旨い.

塩ラーメンもかなりハイレベルだ.
(2009/1)

続きを読む»

厨 KURIYA/札幌

醤油ラーメン\700 ★★★

厨 KURIYA/札幌

2009年1月オープンの新店だ.

スープは鶏がらベースの濃い口醤油味.
あっさりとしたタイプだ.
裏を返せば,旨味とコクが不足している.
それなりに旨いのだが物足りない.

麺は,細縮麺.
だが,これはいけない.
茹ですぎな上に,湯切りが不十分.
ツルツル麺が死んでしまっている.

叉焼は,薄いバラ肉.
脂身が多い.
味付けがいいとはいえない.
味玉は旨い.
トロトロだ.

卓上に特性魚粉なるものが置かれている.
これをスープに少し入れると味ががらりと変わる.
にんにくの風味と魚粉の味が加わるのだ.
これは面白い.
(2009/1)

続きを読む»

ほっぺ家/札幌

つけめん\800 ★★★★+

ほっぺ家/札幌

各方面で評判のいいつけ麺を食べに・・・.
しかも濃厚豚骨魚介ガツン系で小林の全粒粉の太麺とあらば,Shinの開店当初のつけ麺と比べたくもなる.

おっと,なかなかいいではないか.
つけだれの豚骨と鰹節系がしっかりと効いている.
Shinほどガツンということではないが,それなりの濃度を保っている.

麺は,小林の中太麺.
全粒粉を使ったものだ.
ちょうど,Shinの第1バージョンの極太麺を半分にしたくらいの太さだ.
これがプリツルで旨い.
つけだれとのバランスがバッチリだ.
これ以上太くするのは問題であろう.

炙りばら肉叉焼が旨い.
極太メンマもいい.

なかなかの完成度だ.
今後の進化が大いに期待できる.
(2009/1)

続きを読む»

天壇ラーメン/札幌

正油ラーメン\600 ★★★++ 

天壇ラーメン/札幌

まるで昭和の固定屋台のような昔懐かしい佇まいに魅せられて入店.
メニュートップの正油を注文する.

透明感あるきれいな清湯スープだ.
動物系と野菜系を弱火でゆっくりと煮出したスープなのだろう.
実に昔懐かしくて旨いのだが,醤油ダレがしょっぱい.

麺は,西山の中太縮麺.
モチモチしていて旨い.

叉焼は,昔ながらのもも肉.
弱く火当てしたもやしもいい.

ラーメン激戦区といわれる平岸にあって27年.
昭和のラーメン屋は健在だ.
(2009/1)

続きを読む»

哈爾濱飯店本店/札幌

塩ラーメン\525 ★★★★

哈爾濱飯店本店/札幌

昭和の香りが色濃く残るハルピン飯店へ・・・.

昼時,お客が続々とやってくる.
古くからの人気店の証だ.
本当は,人気の焼き餃子定食が食べたいのだが,今日は多数の人前に出ないといけない.
麺メニュートップの塩ラーメンにする.

スープは,鶏がらの清湯スープだ.
塩加減がいいふうに効いている.
化調との調和もいい.

麺は,一条製麺の中細麺.
縮れが強い.
モチモチした旨い麺だ,

具の野菜がいい.
大量の白菜と豚肉.
野菜の旨味が出てスープの旨味に一役かっている.

中華料理店らしい旨い塩ラーメンだ,
ボリュームもある.
しかもこの値段だ,
満足だ.
(2009/1)

続きを読む»

清洋軒/室蘭

醤油らーめん\600 ★★★★++

清洋軒/室蘭 

気になっていた日華らーめんは,マイクさんのブログでレポされている.
今日は,醤油でいってみよう.

生姜の風味立つ和風醤油味だ.
昆布がよく効いている.
味に深みのある自然派の実に旨いスープだ.

麺がまたいい.
塩らーめんに使っている麺と同じだ,
低加水気味のシコシコ系だ.
無添加の自家製麺のようだ.

塩ラーメンに負けず劣らず旨い.
昔懐かしい室蘭ラーメンなのだろう.
(2009/1)

続きを読む»

一平/室蘭

豚精肉(タレ)\120×2 ★★★★

一平/室蘭

うずらの卵(タレ)\300×2 ★★★★++

一平/室蘭

実は,僕の好物の一つに焼き鳥がある.
好物というよりは,昭和の大衆感をダイレクトに感じたれる好きな酒の肴なのだ.
本来なら,もっとこのブログにアップしたいところだが,飲み始めると写真を撮るのが面倒になる.
悪い癖だ.

というわけで,今回は,やきとりの街室蘭を代表するこの店を.
この店のエッセンスを食べてみた.

【豚精】
室蘭やきとりの特徴は,「豚肉」「玉葱」「洋からし」とされている.
タレか塩かは必然性がないようだ.豚精には,この特徴が最もよく現れている.
この店のウリのタレでいく.

豚肉は柔らかくてふくよかだ.
濃厚な甘辛ダレと相まって旨い.
炭焼きの香りも加わっている.
肉と肉との間にある玉葱は,甘くてシャキシャキとした食感がいい.
タレとマスタードの相性もいい.
ただし,全体にタレの味が強いため,豚肉本来の良さや炭焼き独特の香りはかすれ気味だ.

【うずらの卵】
殻が薄いため,十分に殻ごと食べられる.
ジャリジャリした食感がいいアクセントになっている.
殻にはタレが絡みにくため,薄味だ,
タレが突出していない.
殻ごと焼いた卵の旨味と薄味のタレが相まって実に旨い.
これは絶品に近い.

つくね(タレ)\400 ★★★+

一平/室蘭

ポンポチ・豚サガリ120×2 ★★★++

一平/室蘭

【つくね,ポンポチ.豚サガリ】
それなりの良い素材を使っているのだろう.
だが,豚精と同様のことが言える.

タレが強いのだ.
タレは秀逸だが,どの種類を食べてもタレに素材が負けてしまってりる.
最後は,タレの味しか感じられなくなるのだ. 

みぞれ軟骨\400 ★★★★

一平/室蘭

ザンギ\450 ★★★++

一平/室蘭

【みぞれ軟骨,ザンギ】
タレをウリとするこの店の中にあって,この2つは何とかいけるメニューだ.

みぞれ軟骨は,冷やし系.
軟骨のコリコリ感とおろしポン酢がさわやかにマッチしている.

ザンギは,肉汁あふれる旨さがある.
揚げ方もいい.
だが,やや揚げが弱くてへなっている.

全体にタレをウリとする店だけに,タレは旨い.
だが,飽きがくる.
この店の良さを味わいたいならば,多くは食べない方がいいだろう.
ほどほどがベストだ. 
(2009/1)

続きを読む»

味虎/札幌

正油ラーメン\600 ★★★★

味虎/札幌

残念ながら初ちゃん食堂がついに閉店してしまったようだ.

味虎に行く.
札幌の元祖旭川ラーメンの店とされている.

スープは,豚骨と節系魚介がベースだ.
やや甘味がある.
野菜も加わっているのだろうか.
油が多めだが確かに旭川系だ.
あえていえば,天金系と表現してよいのだろうか.

麺は,さがみ屋の中細麺.
ウェーブは弱いが,モチモチ系の札幌麺だ.

具には茹でもやしが入っている.
もも肉叉焼は,昔ながらのクラシックタイプ.

旭川系と札幌系を足して割ったようなラーメンだ.
昔懐かしさを大いに感じさせる昭和の旨いラーメンであることは間違いない.
(2009/1)

続きを読む»

味幸ラーメン店/札幌

正油ラーメン\650 ★★★★+

味幸ラーメン店/札幌

う~ん,これだ,これだ.
昔ながらの札幌ラーメン.

たっぷりのラードとにんにくの効いた濃口醤油味のスープだ.
動物系と野菜系の旨味と甘味がよく出ている.
旨い.

森住の中太麺は,モチモチ.
札幌らしい麺だ.
麺が醤油色に染まってスープとよく絡む.

叉焼は,昔ながらの黒縁.
柔らかい.
シャキシャキメンマもいい.

札幌の戦後直後の系譜といよりは,村中系の影響を強く受けた醤油ラーメンだ.
昔懐かしい.
見事にラーメンの形になっている.
(2009/1)

続きを読む»

胡桃舎/札幌

鴨つけめん\760 ★★★★

胡桃舎/札幌

おっと,これは・・・.
完全なる鴨せいろのラーメンバージョンだ.

つけだれは,鴨出汁の効いた和風醤油味.
具は,ネギ,油揚げ,鴨肉だ.
鴨せいろのつけ汁との違いは全くないといっていい.

一方,麺は,小林の細縮麺.
何の変哲もないラーメンの麺だ.

さて,この2つが融合すると・・・.

結論から言うと決して悪くない.
それなりに旨いのだ.

だが,不思議なことに麺があっさりしすぎていて弱々しく感じる.
しかも浮いている.
蕎麦独特の風味とクセが,鴨つけ汁と一体となってかもしだす旨味が感じられないのだ.
鴨つけだれと麺が我が道を歩んでいる.

鴨せいろ好きの僕には,どこかのラーメン屋がやってくれないかと思っていたつけ麺だ.
だが,この鴨つけめんのように,蕎麦をラーメンの麺と入れ替えただけではうまくいかないようだ.
つけ麺らしくするには,鴨つけだれに大いなる工夫が必要なのだろう.
(2009/1)

続きを読む»

三四郎/札幌

吟醸味噌ラーメン\830 ★★★★+

三四郎/札幌

お昼,今日は満席だ.
何とかもぐり込む.

この店の通常の味噌らーめんのスープを濃厚にしたイメージだ.
味噌の風味も味もワンランク上.
ベースの豚骨魚介とのマッチングも悪くない.
旨い味噌スープだ.

加藤の麺は,共通だ.
具のトロトロ系叉焼がたくさん入っている.
メンマの代わりに姫竹が入っているのが特徴だ.
(2009/1)

続きを読む»

【閉店】龍馬/札幌

かけらーめん(お龍)\500 ★★★★++ 

龍馬/札幌

この麺屋,前回は旨い麺を馳走になった.
今回は,お龍でゆこう.

おっと,前回よりもかけ麺が100文も安くなっちょるではないか.
前が高すぎたんじゃな.

スープは,ほとんど鶏じゃ.
鶏の旨味がよう出ちょる.
旨いのう.

麺もよい.
シコシコの細直麺じゃ.
カネジンとやらの麺.
なかなかやるのお~.

この麺屋,スープと麺だけで十分じゃ.
堪能,堪能.

やや,怪しげな奴が・・・.
新麺組の間者かもしれぬ.

早速,御免.
(2009/1)

続きを読む»

白樺山荘 札幌ら~めん共和国店/札幌

濃厚魚介温つけ(豆ライス付)\950 ★★★★+

白樺山荘/札幌

のぶさんのブログを見て食べたくなった.
2/11までの期間限定だ.

のぶさんのレポのとおり,つけだれは,豚骨系+魚介系の+濃口醤油系の濃厚タイプだ.
魚介系の中心は,鰹節.
かなり前面に出たガツン系だ.
今や一般的になった味だが,塩分がきつくてしょっぱい.
ほんの少し割りスープを入れると良くなる.
しょっぱいのを除けば,なかなか旨い.
「まるは」のつけそばのつけだれと相通じるものがある.

つけだれに入った角切り叉焼と岩のりは,悪くない.

麺は,森住の特注太麺.
一般的なあつもりほどは熱くない.
ほんのり暖かい程度だ.
モチモチ感が強く,つけだれとの相性もいい.
これは旨い.

今となっては驚くほどの特徴のあるつけ麺ではない.
だが,有名店が出すだけのことはあって,無難に旨いつけ麺だ.
値段が高いので,無料茹で玉子をたくさん食べて元を取ろう.
(2009/1)

続きを読む»

てつや/札幌

味噌ラーメン840 ★★★★+

てつや/札幌

観光客を中心に,依然として人気があるようだ.
昼時,行列の後に並ぶ.

白味噌をベースにした合わせ味噌のようだ.
てつや独特の豚骨スープとよく合っている.
正油ラーメンのスープほどのインパクトはないが,味噌の味がよく感じられる旨いスープだと思う.

麺は,小林の中太縮麺.
正油ラーメンを食べたときには感じなかったが,味噌で食べるとやや違和感がある.
スープとの乖離感があるのだ.
素晴らしい麺を出すお店が増えてきているからだろうか.

それにしても値段が高い.
札幌では,てつやを超えるようなお店が何店も出てきている.
明らかにブランド料の取りすぎというものだろう.
(2009/1)

続きを読む»

いせのじょう/札幌

しょうがラーメン\550 ★★★★++

いせのじょう/札幌

ぎょうざ\300×2 ★★★★+

いせのじょう/札幌

ラーメン好きのヒコタ氏とこのお店へ・・・.
夜の訪問だ,
ということは,まずはビールと餃子.
〆はラーメンだ.

餃子は,若き店主が具を包むところから始めた.
手際がいい.
丁寧な仕事振りだ.
フライパンで焼きあがった餃子は,見た目が美しい.

皮の表面がパリッと焼けている.
中から肉汁がドバァっという感じではないが,それなりにジューシーだ.
ビールのあてには最高の旨い餃子だ,

しょうがラーメンは,通常のしょうゆラーメンにすりおろし生姜を加えたものだ.
麺は変わりないが,スープは前よりもかなり旨くなっている.
旨味が濃くなったイメージだ.
ここに生姜独特の辛味と清涼感が加わって後味がいい.
実に旨い.

若き店主が生み出したクラシックなラーメンは,どこまで深化するのだろうか.
楽しみだ.
(2009/1)

続きを読む»

ハラガヘッタラ永坊/札幌

ラーメンセット(醤油・チャーハン)\850 ★★★★+

ハラガヘッタラ永坊/札幌

セットに注目してみると・・・その2

チャーハンは,パラパラ,かつ,フワフワだ.
特別な具が入っているわけではないが,炒める技術はなかなかのものだ.
油は,ラーではなく,普通のサラダオイルかもしれない.
調味料の加減も良くラーメンにぴたっりだ.
ボリュームもある.
旨いチャーハンだと思う.

醤油ラーメンの今日の出来はまずまず.
醤油の場合,塩と比べると魚介系を感じにくいが,今日は良い.
動物系も魚介系も旨味がよく出ている.
麺はいつもの小林の細麺.
シコシコだ.

満足のいくセットだ.
(2009/1)

続きを読む»

ラーメン昭和 セントレア店/中部国際空港 【閉店】

ラーメン\700 ★★★++

ラーメン昭和 セントレア店/中部国際空港 

<名古屋ノスタルジックラーメンシリーズ 番外編>

正月,横浜の自宅に帰る前に,妻と早業の実家帰りだ.
妻とは名古屋で合流だ.
というわけで,ラーメンは1杯.

このラーメン屋の本店は,名古屋市天白区の八事山(やごとやま)にある.
最寄駅は,地下鉄鶴舞線の塩釜口だ.
名古屋では結構有名なラーメン屋だ.

もう二十数年前のことになるが,結婚した当初,このお店の近くに住んでいたことがある.
確か,夜だけの営業だったという記憶だ.
その味は,すっかり記憶の彼方へ飛んでいる.

スープは,典型的な豚骨醤油味だ.
横浜の家系ラーメンのスープをやや薄くしたイメージだ.
意外にすっきりしていて旨いのだが,やや中途半端な感じがしないでもない.

麺は,かんすい多めの細縮麺.
もちもちしたラーメンらしい麺だ.
麺硬で良い.

具は,特にインパクトはない.
薄切りの叉焼は,薄めの味付けだ.

未だに昔の味の記憶は蘇らないが,昭和の香りのするラーメンであることだけは間違いない.
(2009/1)

続きを読む»

【閉店】めんしょう/函館

塩ラーメン\570 ★★★★+

めんしょう/函館

函館の知人から12月29日をもってめんしょうが閉店するという情報をもらった.

そういえば,12月20日には,駅前のKIOSK海峡が閉店した.
めんしょうが閉店するとなると,青函連絡船食堂の函館ラーメンの歴史は,完全に幕を閉じることになるのだ.
年末,函館に行こうと思ったのも,このお店の塩ラーメンを食べるためだ.

12月29日AM11:30,お店に到着.
5年ぶりの訪問だ.
まだ,客はまばらだ.
9月の鳳来軒の閉店のときのような喧騒はない.
カウンターに座る.
塩ラーメンを注文する.

ご主人も奥さんもまだまだお若く,前回来たときと変わった様子はない.
閉店の理由はどこにあるのだろうか.

先に来ていた近所の人や常連のタクシーの運転手が帰っていく.
口々にこれまでの労をねぎらっている.
ご主人や奥さんの目には,うっすらと涙が光るのが見て取れた.

やはり旨い塩ラーメンだ.
函館伝統の豚骨清湯だが,野菜の強い旨味とコクがよく出ている.
パンチのある部類の塩スープだ.

麺は岡田の中細直麺.
もちもち感があるタイプ.
これもいい.

チャーシューが旨い.
強めの味付けの叉焼は,噛むほどに味がある.

全体としてまとまりのいい塩ラーメンだ.
純粋な意味での伝統的な函館ラーメンとはいえないが,その系譜が十分に感じ取られる.
閉店は残念だが,またいつの日か,この味の復活を望みたい.
(2008/12)

続きを読む»

昭和苑/函館

塩チャーシューメン\610 ★★★★+

昭和苑/函館

6年ぶりの訪問,
店の父さんも母さんも元気そうでなによりだ.
南京そばにしようかどうか迷ったが,ここはこのメニューに決まっている.

ベースの塩スープは,豚骨,鶏がら,野菜,魚介など.
旨味とコクがある.
これに,絶品の叉焼の煮汁が溶け出して,塩と醤油の中間味になるのが特徴だ.
これが旨い.
何とも昔懐かしい味だ.

日の出の中細直麺は,モチモチしたタイプ.
これが以外にスープとよく絡んで旨いのだ.

叉焼は絶品.
昔ながらの黒縁だ.
ももに近いバラ肉叉焼は,硬いが味がしみ込んでいる.
これを食べると,昔食べた懐かしの味をしみじみと感じることができる.
しかも厚切り.
これが5~6枚入っているのだ.

やっぱり旨い.
しかも安い.
このお店の塩ラーメン\460+チャーシュー\150は,絶対にお勧めだ.
(2008/12)

続きを読む»

あじさい 紅店/函館

箱館南京そば\850 ★★★★

あじさい 紅店/函館

新年あけましておめでとうございます.
今年も頑張ってアップしていきたいと思いますので,よろしくお願いいたします.

さて,正月は,やっぱりおせちや餅だ.
というわけで,昨年12月末の函館の未アップ分を紹介することにしよう.

2009年に開港150周年を迎える函館.
これを記念して2008年10月に「開港5都市麺フェスタ」が開催された.
開港5都市とは,横浜,函館,長崎,神戸,新潟のことだ.

イベントの目玉は,函館の南京そば.
明治17年に養和軒(現在の末広町)で提供された日本最古とも言われる幻のラーメンの復刻バージョンだ.
復刻に挑戦したのは,昭和苑,あじさい,元祖バスラーメン,えん楽,ずん・どうの店主ら.
函館南京そばの会(会長:昭和苑の平原さん)を結成したようだ.

復刻に当たっては,文献調査や関係者からの聴取が行われたとのこと.
戦前に南京そばを食べたことのあるあじさい代表の東さんの記憶も元になっているらしい.

その結果,麺は,道産小麦の全粒粉を使用.
製粉技術が発達していなかった当時を考慮して,石臼引きのものと現代的に製粉したものをブレンドしたそうだ.
もちろん無添加,包丁切りのようだ.
スープは,当時の販売価格が15銭(現在に換算すると1500円)と非常に高価だったことを考慮し,当時,最も値段の高かった丸鶏を使用.
更に道南産の昆布を使ったようだ.
塩は,岩塩とのこと.
具は,東さんの記憶を基に,錦糸卵,ほうれん草,ネギ,銀杏など.

残念ながら,麺フェスタには行けなかったが,この南京そば,昨年12月から,復刻に当たった5店舗で提供が始まった.
というわけで,今回は,あじさいで食べてみることにした.
さて,そのお味は・・・.

登場した南京そば,まるでゲゲゲの鬼太郎の父さんのような器に盛られている.
モダンなイメージの美しい盛りつけだ.

スープは,予告どおり,鶏の旨味が強く出ている.
昆布の味も相当に感じられる.
あじさいの得意とするところだ.
ややぬる目なのが気になるが,旨い.
これに付属の鶏油とあじさい自慢の卓上のラー油を入れると,風味・コクともにアップする.

あじさい 紅店/函館

麺は,低かんすい気味のツルツルした平打ちの中細直麺だ.
全粒分を使ったというだけあって自然な味になっている.
蕎麦とうどんの中間のようなイメージで,ラーメンらしさは弱いがこれもハイレベル.

叉焼は,ホロホロ系の鶏叉焼だ.
非常に薄味.
ほかに,錦糸玉子,ほうれんそう,ぎんなんだ,
これにあじさいバージョンとして,にんじん,きゅうりが入っているが,やや過剰気味.

全体として,レトロな出来だ.
派手さはないが,自然な味でなかなか旨い.

現在,南京そばを提供している5店舗では,具やスープの味にそれぞれの店の個性が出ているとのこと.
他店の南京そばも食べてみたいところだ.
(2008/12)

続きを読む»

月と星と妖精ダスト
食歩記/about

じょばんに

Author:じょばんに
シンプルライフをめざして
- for simple life -
ラーメン,カレーライス,かつ丼など,思い出深い昔懐かしい大衆食をさがして食べ歩きます.

食歩記/最新情報
食歩記/地域別
食歩記/シリーズ

名古屋/名古屋めし 名古屋/ノスタルジック系ラーメン 札幌/ノスタルジック系ラーメン 札幌/狸小路編 札幌/村中系ラーメン 札幌/二郎インスパイア系ラーメン 

全記事表示

全ての記事を表示する

食歩記/ブログ内検索
食歩記/最近のコメント
食歩記/最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。