スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅生門/札幌 すすきの

ジャンクばかラーメン(ヤサイ半分)\850 ★★★++ 二郎インスパイア度30%

羅生門/札幌 すすきの 

<札幌二郎インスパイア系シリーズ その1>

今回の札幌赴任の門出としたお店だ.
店内の吊しメニューに”J系らーめん”というのがあるが,店主に確認したところ,ジャンク系と同じだということだ.

写真で見る限り,ヤサイが最初から増してある感じ.
ヤサイ半分で注文する.

スープは,意外にも,節系の効いたライトな魚介系醤油味.
化調もよく効いている.
悪くはないが,二郎の豚骨野菜系のジャンクさとは,対極にあるスープだ.

天地返しをしてみると・・・

羅生門/札幌 すすきの 

麺は,浅草開化楼の太縮麺.
コシのあるシコモチで,麺自体は旨い.
食感は二郎の麺と似ているが,縮れが強く,ツルツル感が弱い.
スープと麺との相性は,すこぶる悪く,スープと麺とがバラバラになっている.
麺量はこれで十分だろう.

ヤサイは,モヤシ100パーセントにネギ.
ヤサイ半分にしたが,それでも飽きがくる.
二郎を意識すれば,キャベツが欲しいところだ.

叉焼は,硬めの肉の味がしっかりとしたバラ肉.
厚手の3枚入りで量も多くて旨いが,二郎の巨大な煮豚とは大いに異なる.
メンマはくにゃくにゃで,味に寄与するところがない.
ないほうがましだ.

というわけで,麺やヤサイの量が多いところは,二郎に似ているが,全体の味は,二郎とはかなり違う方向性のラーメンだ.
二郎と値段さえ意識しなければ,普通に食べられて腹も一杯になることだろう.
(2011/6)

This is 札幌 BLACK & ブラック\750 ★★★★+

羅生門/札幌 すすきの 

特農煮干しらーめん\750 ★★★★

羅生門/札幌 すすきの

PM20:10 札幌駅到着.

それにしも,重いバッグだ.
引っ越しの荷物が到着するまでの間の身の回り品やノートパソコン. 
単身赴任時のつらさだ.
今日はホテル住まい. 
さて,これからどうしようか.
腹が減った.

まずは,一発,喰わねばならないだろう.
どこにしようかあれこれ思い悩む.
そういえば,どなたかのブログに,今の札幌で面白そうなお店がアップしてあったのを思い出した.
このお店を札幌生活の門出としよう.

というわけでこのお店へ・・・

羅生門といえば,芥川龍之介の有名な小説.
ラーメン激戦区のすすきのにおいて,門の中には,どんな正当性を主張し得るラーメンがあるというのだろうか・・・
先客なし.
まずは,一人,生ビールで門出を祝いながらメニューを見る.
いったいこれは何ということだ.
ありとあらゆる種類のラーメンがあるではないか.
これが,羅生門の中のおぞましき世界でなければいいのだが・・・

【This is 札幌 BLACK & ブラック】
富山ブラックへの対抗心がありありと窺われる.

スープは,黒の濃厚醤油に大量の粗挽き胡椒.
富山ブラックにそっくりの味付けだ.
やや酸味が強く出ているが,なかなか旨いではないか.

羅生門/札幌 すすきの 

麺は,中細の縮れた札幌麺.
富山ブラックの麺とは大いに異なる.
違和感を感じるが,これが札幌ブラックの所以なのだろう.

バラ肉叉焼は硬すぎ.
噛み切るのに大いに苦労する.

富山ブラックライクのスープに札幌麺.
これはこれで悪くはないが,札幌ブラックといえば,個人的には,やはりすみれの醤油に軍配が上がる.

【特農煮干しらーめん】
まだまだ腹に余裕がある.
東京から遙々重い荷物をかついできたせいだろう.
というわけで気になるメニューをもう一杯.

スープは,甘めの煮干し醤油味,
東京では強烈なド煮干しラーメンを数々食べてきただけに,それを期待したのだが・・・
特濃と称するには,ニボニボ感が弱い. 
ややピンぼけた感じの味になっているのが気になる.

羅生門/札幌 すすきの 

麺は,札幌ブラックと同じ札幌麺.
麺自体は悪くはないが,スープとの相性が今一つしっくりこない.
叉焼も札幌ブラックと同じ.
穂先メンマは,いい感じだ. 

特濃煮干しというからには,泳いでいる煮干しの数が少ないように思う.
スープの中を元気よく泳ぐ賑やかな煮干し達を感じてみたいものだ.

まあ,それはともかくとして,今後の札幌ラーメン界の方向性を占うラーメンとして興味深い.
(2011/5)



ラーメン 羅生門
 札幌市中央区南6条西4丁目 若島ビル1F
 月休/11:30~15:00 17:00~32:00
 2010年9月

羅生門/札幌 すすきの

すすきの市場の向かいの昭和レトロなビルの中にある.

どんな店主がやっているのかよく分からないが,大いなる創作意欲を感じるお店だ.
すすきののディープな場所で昭和の場末的な雰囲気をかもしだしているあたりの演出もいい.

羅生門/札幌 すすきの 

カウンターのほかに,座敷席もある.

<メニュー>
極めて多数.
「ばか」だの「あほ」だのとついたメニューも興味深い.
J系と称するそそられるメニューもある.
あと,数回はお邪魔することになるのだろう.
(2011/5)


より大きな地図で jov's house 食歩記/札幌 を表示

コメントの投稿

非公開コメント

一杯目はドコで食べられるのかなぁ?なんて勝手に予想していましたが
なるほど、そう来ましたか・・・しかも二杯。
また暫らくの間札幌Lifeを満喫して下さい。

はじめまして

晩酌 松屋と申します。
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
羅生門から始まったのは素敵です。
じょばんにさんのブログと出会ったのは
若い頃よく通っていた華龍(桑園のほう)
を検索した時でした。
それから毎日のように拝見してます。
これからも楽しみにしてます!

>こども課長さん
たまたまです.
これからの札幌life,エンジョイしたいと思います.

>晩酌 松屋さん
初めまして.
ブログを拝見させていただきました.
あまり外で晩酌しないせいか.やあ,本当にうらやましいです.
これからもよろしくお願いします.

お元気そうで、なによりです。

お久しぶりです。

じょばんにさん視点での東京ラーメン編は興味深かったです。

さて、僕も先日、この羅生門へ訪問。

塩を注文。

奇をてらわずに塩ラーメンらしい塩だと感じました。

この店、内装も含めて方向性を模索中のように思いましたが、

今後の展開が楽しみですね。

札幌勤務とのことですが、函館へも是非!

P.S ツイッター登録しましたよ。(nobu933)

>在函館少年さん
また,札幌勤務になりました.
よろしくお願いします.

もちろん,函館にも行こうと思っています.
函館も徐々に新しいラーメン屋が増えてきているようですから・・・

ツイッターのフォロー,ありがとうございます.
あまり,つぶやかないかもしれませんが.
月と星と妖精ダスト
食歩記/about

じょばんに

Author:じょばんに
シンプルライフをめざして
- for simple life -
ラーメン,カレーライス,かつ丼など,思い出深い昔懐かしい大衆食をさがして食べ歩きます.

食歩記/最新情報
食歩記/地域別
食歩記/シリーズ

名古屋/名古屋めし 名古屋/ノスタルジック系ラーメン 札幌/ノスタルジック系ラーメン 札幌/狸小路編 札幌/村中系ラーメン 札幌/二郎インスパイア系ラーメン 

全記事表示

全ての記事を表示する

食歩記/ブログ内検索
食歩記/最近のコメント
食歩記/最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。