スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らい久/岩見沢

ラーメン(正油)\600 ★★★★★

らい久/岩見沢

岩見沢駅に降り立つ.
岩見沢が周辺の炭鉱の石炭輸送の拠点として栄えたのは,いつの時代のことだったろうか.
そうだ,昭和30年代から40年代にかけてのことだ.
かすれた機関車の警笛が鳴り響く.
あのころは,石炭を満載した貨物列車が行き交ったことだろう.
雪が降りしきる広い駅構内は,ただ荒涼としている.
かつて操車場のあったころの活気はない.

駅前に広がる商店街.
降りしきる雪に背を丸めて行き交う人はまばらだ.
商店街のスピーカーから流れる広告アナウンスだけが空しく流れている.

らい久に入る.
街中の静けさとは裏腹に満席ではないか.
かろうじて空いていた年季の入った巨大な木製のテーブルの一角に座る.

ほかの客が食べているラーメンは,驚くべき姿をしている.
みそがウリのようだが,正油の野菜入りを注文する.

出てきたラーメンには迫力がある.
ふくべ(札幌/琴似)ほどではないにしろ,もやしの量がすごい.
更に驚いたのは叉焼だ.
まるで岩塊のような厚切りのバラ肉叉焼が3枚入っているのだ.
これが旨い.

麺の量も多い.
通常の2倍近くはあるようだ.
堅めの西山の麺だ.
しこしこしていて味もある.

濃厚なスープを予想していたが違っていた.
油は多いが,鶏ガラベースの優しい味だ.
甘味があって実に旨い.
夢中で食べた.

まさしく昭和レトロなラーメンだ.
古き良き昭和の時代の味がそのまま残っている.
このお店に,あの時代,この旨いボリュームのあるラーメンをすするたくましい炭鉱夫たちの幻影を見たような気がした.
(2008/1)

らい久(らいきゅう)
 岩見沢市5条西2丁目
 無休/営業時間不明

らい久/岩見沢 

創業1961年(昭和36年)ころ.

ご主人の話では,46年くらいは経つそうだ. 
岩見沢が栄えた時代だ.

店内は,カウンター4席ほどと,巨大な木製テーブル席が3卓ある.
昭和レトロな雰囲気が色濃く漂っている.

入店しても注文を取りに来ることはない.
自ら申告するのだ.
ご主人は,奥の厨房で何やら声を出して確認しながら,ラーメンを作っている.

メニューは,分かりにくいが,3味がある.
野菜入りか野菜少な目かは,注文時に申告しよう.
特大,特製といった更に大盛りのメニューがある.

それにしても,質,味,量,いずれの点でも存在感のある凄いラーメンだ.
このお店のラーメンを食べると,東京や札幌の有名店や定番店のラーメンなど,子供だましのラーメンに思えてならない.
岩見沢を代表するラーメン屋といっていいだろう.
(2008/1)

コメントの投稿

非公開コメント

 岩見沢で、「らい久」は、序の口です。
 秘境系では、「喜地丸燻」「スパ・イン・メープルロッジ」「北斗ラーメン」「十三里(とみさと)」「一竜」
 有名店では、「大関」「醤油屋本店」「だるまや」「冬馬」「麺楽」
 「羅妃焚」
 穴場は、激安の「かまだ屋(ラーメン280円だった!)」「あきんど」等。
 このブログの趣旨からは、「かまだ屋」がぴったりなのでは・・・。

いきなり岩見沢ですか、砂川はもうすぐですが、白石区の『子鹿食堂』は私35年前から行ってる店、『光来』も25年前から行ってたかな?ぜひ行ってみて下さい。

どうもmacponです。
早い!安い!美味しい!の『かまだ屋』さんですか、お金と時間が無い時にはいい店だと思います。
上幌向の『かあちゃんのラーメン屋』もあっさりしていて、私は好きです。

>ラー翁 さん
いつも貴重な情報をありがとうごぁいます.
僕は,札幌のラーメンについては素人.
ご指摘のお店,機会があれば行ってみます.

>macpon さん
はじめまして.
そですか.
子鹿食堂や光来って古いんですね.
是非,行ってみることにします.


月と星と妖精ダスト
食歩記/about

じょばんに

Author:じょばんに
シンプルライフをめざして
- for simple life -
ラーメン,カレーライス,かつ丼など,思い出深い昔懐かしい大衆食をさがして食べ歩きます.

食歩記/最新情報
食歩記/地域別
食歩記/シリーズ

名古屋/名古屋めし 名古屋/ノスタルジック系ラーメン 札幌/ノスタルジック系ラーメン 札幌/狸小路編 札幌/村中系ラーメン 札幌/二郎インスパイア系ラーメン 

全記事表示

全ての記事を表示する

食歩記/ブログ内検索
食歩記/最近のコメント
食歩記/最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。